共済・保険

火災共済制度のご案内

火災共済制度は、昭和27年8月、事業協同組合による福利厚生事業の一環として、火災共済を目的とした協同組合が北海道において誕生したことにはじまっており、昭和32年11月の第27回国会において、中小企業等協同組合法の一部改正が行われ、火災共済協同組合制度として確立されました。

現在42都道府県に火災共済協同組合が設立され、全国味噌火災共済協同組合を加えた43組合が事業を行っています。

なお、全日本火災共済協同組合連合会が設立され、再共済(再保険)引受機関の役割を担うとともに指導機関として機能しています。

火災共済制度のご案内

埼玉県においては中小企業者のための共済として、県内の商工会議所、商工会、さらに中小企業団体中央会に加入する事業協同組合の一部が取扱窓口の中心になっており、それぞれの会員企業へひろく薦められています。

普通火災共済

  • 火災による直接的な損害はもちろん、消防の放水等による損害
  • 落雷によって建物、ガラス、テレビ等の損害
  • ボイラーの破損やプロパンの爆発による損害
  • 風やヒョウ、雪により20万以上(時価)の損害が生じたとき

総合火災共済

  • 火災による直接的な損害はもちろん、消防の放水等による損害
  • 落雷によって建物、ガラス、テレビ等の損害
  • ボイラーの破損やプロパンの爆発による損害
  • 風やヒョウ、雪により20万以上(時価)の損害が生じたとき
  • 航空機の墜落や付属品の落下、車両の飛び込み等の損害
  • デモやストライキ等により建物や家財に損害が生じたとき
  • 給排水設備の事故、他の戸室の事故による水漏れ等
  • 盗難による家財等盗まれた場合、盗難の際、建物等壊されたり汚された場合
  • 水害により、建物、家財に30%以上の損害が生じた場合
    床上浸水、地盤面より45cmを超える浸水、設備、什器、商品、製品等の損害が生じたとき

お問い合わせ・申込先

埼玉県火災共済協同組合
〒330-8669
さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル7階
TEL:048-641-9203
FAX:048-645-6984

こしがや見本市
越谷商工会議所メールマガジン登録はこちら
入会のご案内
会頭のご挨拶
こしがやブランドショップ
越谷市観光協会
こしがやふぁーまーず
ページトップへ